消防署のしごと

消防のしごと

  私たちの住む西諸管内には、小林市に消防本部と中央消防署、えびの市にえびの消防署、高原町、小林市野尻町、小林市須木にそれぞれ分遣所があり、1本部2署3分遣所で消防のしごとに取り組んでいます。

 消防署のしごとには、消防隊、救急隊、救助隊など現場活動を行う「警防的なしごと」、火事を未然に防止するため消防法という法律に基づいて消防用設備(消火器など)の審査や検査をしたり、立入検査や防災指導などの業務をする「予防的なしごと」、消防の予算に関することや、人事など仕事の管理をする「総務のしごと」に分けられます。

●警防的なしごと

(1)火事のときの消火活動
(2)病気の人やケガをした人を救急車で病院まで運ぶ救急活動
(3)交通事故で車や工場の機械などに挟まって動けない人を助ける救助活動
(4)まちの中の消火栓や防火水槽などがいつでも使えるように見回る警防調査活動
(5)火事をはじめ、いろいろな災害に対処するための訓練の実施
(6)消防自動車、機械器具がいつでも使用できるように手入れ等の維持管理
(7)学校、ホテル、病院などの避難訓練のときの指導
(8)火災や救急などの統計・調査などの事務

 このほか、緊急事態に備えて、日々消火訓練や救助訓練などを重ねることも重要な任務になります。

●予防課のしごと

予防的なしごと

(1)学校、ホテル、店舗、病院、会社など人が集まるところの消防用設備等(消火器、自動火災報知設備、屋内消火栓など)がいつでも有効に使用できるようにしているか、検査・点検・指導
(2)新しく建物を建てるときに、消防用設備等を設置するように指導
(3)危険物施設の許認可や立入検査
(4)講習会を開いて火事を防ぐ方法や火事になったときにあわてず消火する方法、安全に避難する方法を指導

火事が発生したら、消火することが消防の仕事ですが、火事の原因等を調査し、危険に備えて未然に火事を予防することが現代の消防とも言われています。西諸広域消防では、このような予防のしごとに積極的に取り組んでいます。

●総務のしごと

(1)消防車や救急車などの購入
(2)消防の仕事に必要な物品の購入や管理、修理などの事務
(3)その他、消防予算の補助金の申請などに関する事務
(4)建物の管理や修理の事務
(5)消防職員の健康管理

●救急業務

救急業務が昭和38年に消防機関の任務として法制化されました。その後、救急車搬送中に失われる「命」を救えと世論が沸き上がり、平成3年に救急救命士法が制定されました。それに伴い、救急救命士を養成する施設ができ、全国から熱意ある救急隊員が研修を重ね、国家試験に合格した人が救急救命士となります。

救急業務また、救急隊員の行う救急処置や救急救命士の処置の高度化に対応した広さの車内容積と資機材、また医療機関情報通信装置が整備されている高規格救急車の導入により、救急救命士は、傷病者を高規格救急車で搬送中に、応急処置を行いながら、病院の医師に救急車内の電話で指示を受け、積載された機材で、呼吸停止、心臓停止している傷病者に対し、救命処置を行うことができます。

現在西諸広域消防では、高規格救急車5台及びUB型救急車1台を導入すると同時に救急救命士が同乗し、西諸管内住民の生命と身体の安全を確保するため、24時間体制で救急に備えています。

●応急手当の普及

傷病者が発生したとき119番通報から救急隊が現場に到着するまでの「空白の時間」に、その場に居あわせた人が応急手当等を実施すれば傷病者の症状の悪化を防ぐことができ、救命効果も大いに向上することになります。

応急手当は愛する家族を救い、また他人を救い、さらには自分も救われるのです。西諸広域消防本部では応急手当普及啓発活動に取り組んでいます。皆さんも一度救命講習会を体験してみませんか。救急講習等の申し込み、詳しい内容を知りたい方は最寄の消防署へお尋ねください。


消防本部 TEL.0984(23)0119
TEL.0984(23)2002
中央消防署 TEL.0984(23)2013
えびの消防署 TEL.0984(33)6119
高原分遣所 TEL.0984(42)1373
野尻分遣所 TEL.0984(44)1222
須木分遣所 TEL.0984(48)2075

消防からのお知らせ

消火器の処分等について

消火器は「火災」のときの初期消火に用いる機器として大変有効です。しかし、消火器は永久に使えるものではありません。特に古くなった消火器でさび等がある場合は注意が必要です。5年を目安に点検をしましょう。

消火器は次の事項に注意して管理しましょう。

○消火器を置く場所は、できるだけ風通しが良く目につきやすい場所とし、湿気のある場所等は避けてください。

○消火器の処分について
古くなった消火器を個人で処分することは非常に危険です。特にさび等がある場合は放出や分解は絶対に行わないでください。古くなった消火器の処分方法は、お近くの消防設備業者及び販売店にご相談ください。また、消火器の維持管理について詳しくは消火器のラベルに記載されています。