ホテル・旅館等に対する「表示制度」が開始されました。

○概要
  表示制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査し、消防法令のほか防火安全上重要な建築構造等の基準に適合する場合に「表示マーク」を交付する制度です。


○目的
  表示制度は、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する一定の防火基準に適合している建物の情報を利用者に提供することにより、防火安全体制が確立されることを目的としています。


○表示対象となる建物は
  3階建て以上で、収容人員が30名以上のホテル・旅館等(複合用途の建物内にホテル・旅館等がある場合を含む。)が対象です。


○実施期間
  平成2641日から申請受付開始

平成2681日から表示マーク掲出開始予定

○表示マークの交付を受けるためには
  表示マークの交付を受けるためには、上記に示した表示対象のホテル・旅館等の管理権限者が、「表示マーク交付(更新)申請書」に申請に必要な書類を添付し管轄の消防署所に申請し、消防機関の審査の結果、表示基準に適合していることが認められた場合に表示マークが交付されます。
なお、詳しくは最寄りの消防署、分遣所までお問合せください。

○表示制度の対象外の建物について
  ※表示対象外の旅館・ホテルに対しては、「表示制度対象外施設申請書」の申請により「表示制度対象外施設通知書」を交付することが出来ます。
(表示制度対象外施設に対する審査についても、対象施設と同様になります。)

  表示マーク交付(更新)申請書はこちら

  表示制度対象外施設申請書はこちら


  閲覧するにはWord Viewer が必要です。
  上記Webサイトよりダウンロードしてお使い下さい。